2010年07月09日

最近のまなぴーの様子・・

100625_1223~0001.jpg



もうすぐ、夏休みですね。
あいりんは、幼稚園に通っています。
まなぴーは、今週は幼稚園に行っていません。
幼稚園入園から、約3ヶ月。
我が家は、毎朝壮絶なバトルがありました。
これは、GWが明けてからの話・・



去年の秋頃から、服を着るときに、気持ち悪いという言葉が出た。
袖をきちんとしても、締め付け感があるかと思い、ヨレヨレの服を着せても・・
何をしても、着心地があまりよくないと感じていたみたいだった。
あいりんに比べて、トイトレが結構順調良く進んでいたら、年を明ける頃には、
布のトレパンだった。
パンツをはく度に、気持ち悪いと連呼した。
また、靴下も痛いと言って、はかない。
真冬は、靴下ナシで過ごしていた。
なんとなく・・育てにくい・・
それは、かなり前から私の中で感じていた言葉。
あいりんを見ていると、普通のことが、まなぴーには出来ない。

幼稚園入園の頃には、パンツも靴下もはいて登園してくれた。
やっぱり、私の思い過ごし・・??
姉と一緒の制服を着て、バスに乗る。
まなぴー自身が、待ち焦がれていた現実がそこにあった。
嬉しくて、仕方がない。
娘の表情を見ていると、私まで嬉しく感じた。

でも、GWが終わった頃、毎朝、パンツを痛いと言う様になった。
股の周りに、出来物ができている訳でない。
”痛くないから、大丈夫”と言い聞かせて、パンツをはかせて、バスに乗せた。
今度は、靴下も嫌がるようになった。
これって、登園拒否なんだろうか??
そう思って、幼稚園に聞いてみたが、楽しく過ごしていたと聞いて、
益々自分の中で疑問がわいてくる。
パンツや靴下が嫌なだけであって、幼稚園はやっぱり楽しいと感じているみたいで、
バスに乗る頃には、ニコニコとしていた。
でも、朝の着替えや支度には、毎朝泣き叫んだ。
私も、何度もキレて、娘の頬をたたいた。
あまりにも酷くなって、自分でもどうすることが出来ないと感じて、
学院のカウンセラーに相談した。
そのときに、接触過敏という言葉が始めて出たが、あまり気にも留めなかった。
それよりも、早くこの状況から抜け出したくて、その解決策を知りたかった。
でも、2回も相談したが、私自身が納得のいく回答は得れなかった。

まなぴーの嫌がりは、日を追うごとに、エスカレートしてきた。
6月に入ると、パンツや靴下に対して、涙をポロポロと出して、
暴れまくった。
幼稚園に相談をして、パンツや靴下は無理にはかなくていいよっと言われ、
その対処法でいこうとするが、まなぴー自身が他の子に”なんで??”と
聞かれるのが嫌みたいで、断固として、その対処法は受け入れず、
自分ではいては、泣き叫んでいた。

ある日、”幼稚園は、しんどい”という言葉を出した。
だったら、休めばいいじゃない??
無理して行かせようとは、全く思っていなかったから、どうぞ、どうぞ♪みたいな感じで・・
それがしばらく続くのかなって思いきや、次の日はまた幼稚園に行くと言い出して、
悪循環の毎朝・・
家族全体が、もう疲れきっているので、
今週からパパさんの実家にまなぴーを預けて、のんびりと過ごさせました。
あいりんも少しはのんびりと出来たみたいで、毎日幼稚園から帰るなり、
昼寝をしていました。

少しでも、幼稚園から遠ざけることによって、ストレスから解放されただけでも
よかったなって思っています。

ニックネーム ぐりあい at 11:50| Comment(0) | まなぴー’S日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする